おいしいドイツ:ワイン編その1

 ワインといえば、日本ではフランス産のものや、イタリア産が有名ですし、アメリカ産のものも最近ではレストランのメニューの中でよくみかけます。もちろん、ドイツにもいろいろな種類のワインが存在します。

毎年秋口には、ドイツのほぼ中央に位置する、メッセ等で有名な街フランクフルト(日本では焼きソーセージの代名詞と言えるかもしれませんが、ドイツに棒をさしたおなじみのフランクフルトソーセージは存在しませんのであしからず)で、ワインフェストが行われています。

ワインフェスト

ワインフェストでは、約200mlの小さなワイングラスのお試し用から、1リットルのワインジョッキ(?)が置いてあり、ドイツ人の中には女性でも1リットルのワインジョッキ(ワイングラスというにはあまりにも大きいですし、形もビールのジョッキを細くしたような形をしています)片手におしゃべりを楽しんでいる人たちをたくさんみかけます。1リットル入りのものを片手で持っている人を見ると、ついつい腕が疲れないのかなあなんて、余計な心配をしてしまいます。

ワインフェストでは何種類ものワインを少しずつ楽しむこともできますし、ワインだけではなく、おつまみ(?)のヴルスト(Wurstドイツ語でソーセージの意味)や、ピザのようなものを買うこともできますから、ちょっとした食事にするつもりで行くこともできます。

毎年日程は変わりますから、ワインフェストにぜひ行きたい!という人は、ドイツ観光局や旅行会社で確認をされてから旅行の日程をたてられることをおすすめ致します。もちろん、たまたまドイツに行ったら、偶然ワインフェストをやっていたという幸運な人も、お祭りムード満点のワインフェストを楽しんで来てくださいね。

ワインフェストではワイン(だけでなくジュースも)を頼むと、ワイン代プラス、グラスの保険代ともいえるデポジットが加算された金額を請求されます。デポジットはグラスをお店に返すと返金してくますので、グラスをおきっぱなしにしたりしないでくださいね。たまに、返してきてあげるよ、なんて言ってくる人もいますが、デポジットがかかっていますので、注意してください。

もちろん、ワインだけではなく、ジュースも買うことができますりんごジュース(Apfelsaftアプフェルザフト)なんかが売られていますので、酔い覚ましにもどうぞ。雰囲気だけでも楽しみたいという人もぜひ、機会が合えば、行ってみていただきたいと思います。

[ pick up 1 ] ドイツの国情報

英語で日本をJAPANというように、日本ではDeutschland(ドイチュラント)をドイツ(独逸)と呼んでいます。ドイツの正式名称はDie Bundesrepublik Deutschland(ブンデスリパブリック・ドイチュラント)こと、ドイツ連邦共和国といい、16の州によってなっています。
続きを見る

[ pick up 2 ] 旅のドイツ語:まずはご挨拶

Guten Tag! (グーテン・ターク!こんにちは)ここではちょっとでもドイツに興味を持ってくださった方のためにかんたんな旅のドイツ語会話をお教えしちゃいます。カタカナの読みは、どうしても発音記号とは違ってしまうところがでてくるのですが、旅先で外国人である日本人がドイツ語を使ってコミュニケーションをとろうとしている分には多少の発音の問題なんて、向こうの人は気にせずドイツ語で会話をしようとしていることを好意的に受け止めてくれるはずです。
続きを見る