おいしいドイツ:トルテ編その2

さて、おすすめのトルテなのですが、ドイツに行ったら一度は食べていただきたいのはやっぱり黒い森のさくらんぼケーキ(Schwarzwalder Kirschtorte)。台はチョコレートスポンジだったり、チョコレートムースだったりお店によって様々です。黒い森のさくらんぼケーキに使われているクリームにはキルシュ・ヴァッサー(Kirschwasser)と呼ばれるさくらんぼリキュールが使われていますので、さくらんぼ風味のクリームになっています。

それほど甘くはなく、さっぱりとしたお味です。 それから、意外とどこにでもあるのはアプフェル・シュトゥルーデル(Apfel Strudel)と呼ばれるウィーン風のアップル・パイ。何層にもなっているとっても薄い生地でりんごのフィリングを巻いてあります。りんごと一緒にナッツやレーズンも入っていることもあります。もちろんアップル・パイの定番シナモン風味です。

お店によっては温かくしてサーブしてくれるところもあります。オーストリアだけではなく、ドイツの南部でよく見かけることができますので、ノイシュバンシュタインに行った際にはぜひバイエルンで探してみてください。

果物を煮たり焼いたりするのはちょっと・・・という人には、甘さ控えめのヘーレン・トルテ(Herren Torte)なんかがおすすめです。これもチョコレートケーキなのですが、チョコクリームがあっさりしていて、食べやすいです。お店によってはマジパンが使われていたりもします。ヘーレン・トルテは直訳すると「紳士(もしくは男性)のトルテ」という意味になります。生地とクリームが何層にも重なっていることが多いです。

クーヘンはお店によっていろいろな種類のものがあります。もし、クリスマスの時期にドイツに行くことがおありでしたら、ぜひシュトーレン(Stollen)を買ってみてください。シュトーレンはブランデーに漬けたドライフルーツ(レーズンやレモンの皮なんかも入ります)や、アーモンドを生地に練りこんで焼いてあります。

かなりしっかりとした食感のクーヘンで、たいていたっぷりと粉砂糖がまぶしてあります。シュトーレンはドイツのクリスマスにはなくてはならないお菓子で、薄くカットしていただきます。ドイツのクリスマス市で手に入れることもできますし、スーパーなんかでも売られています。ここ数年、日本でもクリスマスの時期に手に入れることができますので、ぜひ一度ドイツのクリスマスの素朴な味を試してみてくださいね。

[ pick up 1 ] ドイツの街歩き

旅の街歩きのイメージとしては、観光地めぐりばかりではなくて、現地の人たちが普通に生活している普通の日常に入り込んでみることをイメージしてみてください。そこで生活する、というには旅では期間が短すぎますので、イメージとしては生活しているように過ごしてみる、というところがポイントです。
続きを見る

[ pick up 2 ] ドイツの一人旅

ドイツ語をかじったことのある人なら、語学のお勉強も兼ねてドイツに一人旅に出てみてもいいと思いますし、ドイツが初めての人もドイツ文化にじかに触れに一人旅に出てみてもいいと思います。
続きを見る