ハーメルンの笛吹き男その3

ドイツ『ハーメルンの笛吹き男』は1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる130人のこどもたちが一夜にして街から消えた伝説に基づいています。実は私、ハーメルンに行った時点ではこの伝説が史実に基づいているらしいことを知らなかったのです。

だからのんきにねずみがいっぱいいるハーメルンの街は可愛くて素敵だなんて思っていたのですが、帰ってきてハーメルンについて調べてみて、こどもたちがいなくなったことが史実にあるなんてちょっとこわいなあと思いました。

日本でいう、神隠しみたいなものですよね、きっと。事前の街調べの大切さを痛感しました。『ハーメルンの笛吹き男』のお話はざっと話すとこんな感じです。

 『ハーメルンの笛吹き男』
昔々、ハーメルンの街では大量にねずみが発生して、悪さをするので困っていました。ハーメルンの人たちが困っているところに、「私はねずみを退治することができます」とカラフルなまだら模様の服を着た笛吹き男がやってきました。街の人たちはこの男にねずみ退治をお願いすることにし、笛吹き男は笛の音によってねずみを操り、ねずみたちは笛吹き男に続いて水の中に入り、溺れ死んでしまいました。

笛吹き男がねずみを退治してくれたにもかかわらず、街の人たちは笛吹き男にお金を払うのがもったいなくなって、いろいろと文句をつけて笛吹き男を街から追い出しました。

6月26日に笛吹き男は再び街にやってきて、笛を吹き始めました。すると町中のこども130人が笛吹き男に付いていき、街からこどもが消えてしまいましたとさ。

 ハーメルンの街に語られるこのお話。今では街の伝説にはいくつかの解釈(論争?)がなされています。子供たちは十字軍に行ったとか、伝染病にかかったから街から追い出されたのだとか、東の方の国へ移住したのだとか。どちらにしても真実は闇の中。ただ、街のこどもたちが消えた史実だけは現実のものとして語られているようです。

ハーメルン名物

そうそう、ハーメルンの街には「舞楽禁制通り」というものがあります。伝説の中でこどもたちが消えるときに歩いていった道だそうです。今でもこの通りでは歌を歌ったり、踊りを踊ったりするのは禁止。(伝説の解釈の中にはこどもたちは舞踏性蹴病だったのではないか、という説もあるようです)

忘れてはいけないハーメルン名物を最後にひとつご紹介します。ハーメルンの街中にねずみのモチーフがたくさんあることはお話しました。ハーメルンのパン屋さんやお菓子屋さんには、有名なねずみの形のパン(かんぱんのような硬さです)がたくさん売られています。

大きさは1匹10~12センチくらいです。ひげが藁(?)のようなものでできていて、基本的には食べることはできません。(パンなので、食べようと思えば食べられるかもしれませんが、お店の外のワゴンの中に山積みになって売られていたりしますし、わらっぽいものが刺さっているので、衛生上食べないほうがいいと思います。また、「食べられません」という札がかかっているので、要注意です。)ひとつずつ袋に入れられて売られていたりもします。

おみやげに私はいくつか購入して帰ってきました。ただ、夏場あまりあったかいところに置いておくと、虫さんたちが発生する恐れがあるので、捨て時を間違えないようにしてくださいね。(ちなみに私の友達は夏過ぎに虫がわいて大変だったと言っていました。)

ハーメルンの街の端にある川にかかっている橋の上にも金色のねずみの像がありましたし、街中のお店の2階から下を見ている大きなねずみのぬいぐるみもいましたし、お店の看板にもねずみの像(マネキン・・・?)が立っていましたので、ぜひ探してみてくださいね。

[ pick up 1 ] ドイツの国情報

英語で日本をJAPANというように、日本ではDeutschland(ドイチュラント)をドイツ(独逸)と呼んでいます。ドイツの正式名称はDie Bundesrepublik Deutschland(ブンデスリパブリック・ドイチュラント)こと、ドイツ連邦共和国といい、16の州によってなっています。
続きを見る

[ pick up 2 ] おいしいドイツ:トルテ編

ドイツは日本で言う「ケーキ」を主に2つに分けて考えています。デコレーションケーキのようにクリームやフルーツ、チョコレートなどで飾ったものをトルテ(Torte)、飾るとしても粉砂糖をまぶすぐらいの日本で言う焼き菓子に近いものがクーヘン(Kuchen)と呼ばれています。トルテやクーヘンはカフェが併設されたカフェ・コンディトライ(Cafe-Konditorei)や、パン屋さん(Backerei ベッカーライ)で買うことができます。
続きを見る